このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

医療保険との付き合い方

保険にはさまざまな種類がありますが医療保険と生命保険の違いはなんでしょうか。

医療保険と生命保険の違い

生命保険、医療保険、保険商品にはさまざまなものが存在しています。
テレビを見ているとCMでも続々と新商品が発売され、いったいどの保険が本当に良いものなのか、そして安いものなのか、それでも補償が充実しているのかというのは比較するのは容易なことではありません。
自分が現在加入している保険も本当に良いものなのかさえ気にかかることもあるでしょう。
生命保険と医療保険、似たように感じますがそれぞれに違う商品になっています。
まずは生命保険と医療保険の違いから整理していきましょう。
生命保険には医療特約がついているものが多くなっています。
この生命保険の付属品であった医療特約がニーズが高いことで医療保険として単体の保険が誕生しました。
生命保険は死亡時の保険金が大きなものとなり、入院や怪我による医療費を賄うための保険としての機能を持たせるためには医療特約を付けることになります。
医療保険は死亡時に保険金が支払われないというものではありませんが、生命保険に比べると高額ではないというのはあります。
しかし入院や手術をメインとして作られている商品になりますので、日額いくら、という給付金があるものとなります。
現在では生命保険と医療保険の区別はつきづらくなっています。
死亡時の保険金も受け取ることができ、なおかつ病気や怪我、手術にも備えることができるマルチタイプの保険が最も多くなっています。
死亡時の保険金はやはり残された家族に対してのものとなりますので、一家の生計を支えている大黒柱であれば保険金も考慮した商品が必要になるでしょう。
また、収入の主としてではないにしろ家族を支えている主婦であればその存在がいなくなることで生活面に支障をきたすことは充分に考えられます。
生活を不自由なく安定させるためには父親が収入を賄うために働きすぎてしまえば残された子供たちにさみしい思いをさせるでしょう。
そのため、主婦でも死亡保険金はある程度考慮することで残された子供たちにも父親の愛情を存分に欠けることができる時間を確保することもできるはずです。
さらにもう一つ、夫がなくなり母親が一人で子供を育てる場合、つまりは母子家庭ということになりますが、母子家庭に対する国や県、市などの機関から受けることができる支援が充実しています。
また年金も遺族年金など母子家庭に特化したものが充実しているのです。
どのような保険に入るのか、どのように選んだらいいのか、さまざまな状況と併せて考えていくとよいでしょう。

最近の急上昇ワード医療保険の参考になるネタは実はユーザーが多いこのサイトで情報収集しましょう

  • 赤マル急上昇中の医療保険の話、このサイトで詳しく医療保険を知ってみませんか?
Copyright (C)2014医療保険との付き合い方.All rights reserved.